Moldifying the Future

Moldex3D 2023は、「REAL」を実現するためのものです:信頼性(Reliability)、高効率(Efficiency)、強化された機能(Augmentation)、自由化(Liberation)。最新のソフトウェアとテクノロジーでインサイト主導のイノベーションを可能にし、設計と製造の検証において先行スタートを切ることができます。

信頼性

流動解析の精度向上、ソルバー機能の強化や、さまざまなプロセスにおけるシミュレーション機能の拡張、材料データベースの改良により、性能を向上させ、シミュレーション効果を最大限に発揮します。

Solver Performance Enhancements

そり変形解析の検証強化

材料ごとに異なる材料特性は、収縮やそり変形の結果に影響を与える可能性があります。

Moldex3D成形技術研究開発センターでは、過去1年間に400種類にも及ぶさまざまな材料を使用して実際に射出実験を行い、収縮率、重量、サイズ、結晶化度の結果をシミュレーション結果と比較し、材料データベースの材料パラメータを最適化しました。

キャビティ内空気の予測を最適化

金型設計では製品をスムーズに成形し、ショートショットや焼けといった問題の発生を避けるため、エアーベント設計を考慮する必要があります。

Moldex3D 2023では空気の圧縮率と空気温度の算出を含むベント解析機能をアップグレードし、充填プロセスにおけるキャビティ内の空気温度と圧力変化を正確にシミュレーションし、さまざまなベント設計を比較検討することができます。

完全性を増した冷卻回路計算

製品をスムーズに冷却するには、冷却回路の流量と放熱効率を考慮する必要があります。一般的には、製品形状が複雑になるにつれて冷却回路設計も不規則になり、コンフォーマル冷却回路の使用が必要になる場合があります。さまざまな冷却回路の構造はいずれも変動要因となり、流動解析の精度に大きく影響します。

Moldex3D 2023では冷却回路の形状とメッシュの作成がよりスムーズで直感的になりました。ユーザーはパラメータを直接設定することができ、システムによってデータに基づくバッフル冷却回路と冷却回路メッシュが自動的に作成されるため、全体的な流動解析を高速化することができます。

また、金型外部に冷却回路設計を追加できるマニホールド冷却回路の作成とシミュレーションもサポートしています。流動解析における金型温度調整器の実際の影響を考慮し、冷却回路の流量、放熱効率のより高精度な計算が可能となりました。

High Quality Material Data

材料データベースのパラメータの正確性と操作性を強化

正確なシミュレーション結果を得るには材料データが重要となり、ビッグデータの統計解析とグラフによる科学的手法検証の可視化により、プラスチックデータベースの信頼性を向上させています。新しくなったインターフェースとより詳細な材料比較機能により、材料データベースがさらに使いやすくなりました。

高効率

強化されたメッシュ修復ツールとスプルーゲートウィザードにより、目的の結果をすばやく得ることができ、クラウドプラットフォームのコンピューティングデプロイ機能とより完全となったiSLMデータ管理プラットフォームを使用することで、タスクを効率化することができます。

Faster Computing Power

コンピューティングパフォーマンスの向上

マルチコアコンピュータが普及していく時代において、並列コンピューティングを利用することで、流動解析処理に要する時間を大幅に短縮することができます。Moldex3Dではマルチコア/マルチプロセッサ/クラスタ並列コンピューティングをサポートし、待ち時間を効果的に短縮するとともに、ユーザーによるデバイスの柔軟な割り当てにより、コンピューティングリソースを最大限に活用できるようにします。

検証の結果、8コア、168万メッシュの条件での演算で、強化そり変形(Enhanced Warp)解析の速度が50%、アニーリング(Annealing)が80%向上しました。

ICパッケージングワイヤースイープについては、16コアを使用した5万本のワイヤースイープの演算で、Moldex3D 2023のコンピューティングパフォーマンスは20倍近く向上し、シミュレーションの演算効率が大幅に向上しています。

Expedition of Cloud Computing

Moldex3D Cloud-Connect

HPCハイパフォーマンスコンピューティングの進歩にともない、クラウドリソースを活用することで、企業の競争力をより高いレベルに引き上げることが可能となります。

最新のMoldex3D Cloud-Connectクラウドコンピューティングソリューションでは、わずか40分でAWS、Azure、Googleに最新バージョンのMoldex3Dをデプロイすることができるほか、必要に応じてコンピューティングスケールを調整して、作業効率を高めることができます。

また、自動オン/オフ機能もサポートし、企業が時間単位プランを使用する場合、最大72%のコスト削減が可能となり、コストを効果的にコントロールして真のオンデマンドを実現することができます。

Better Design and Analysis

SYNCスマート設計プラットフォーム

製品開発プロセスにおいて、CAEとCADは別々のものです。異なる環境にある部門間のデータ共有、処理、ファイルの変換、エクスポート、インポートは、エンジニアにとって日常的な作業となっています。

Moldex3D SYNCは煩雑な日常作業を解決し、CAEとCADソフトウェアの完全な統合により、CADソフトウェア上で直接流動解析を行うことができます。また同時に、Moldex3D SYNCはNX、Creo、Solidworksをサポートし、ネイティブファイルを直接読み取ることで、モデルの不具合を回避し、メッシュ品質を向上させることができ、プラットフォームの違いに悩まされることがありません。

設計変更最適化の効率を高めるため、Moldex3D SYNCではパラメータ最適化(DPS)機能を提供しています。製品要件に応じてジオメトリパラメータ範囲を設定し、結果を平行座標プロットで表示し、要件に合った最適なパラメータを特定することができます。結果レポートについては、sDFM機能で製品要件のカスタマイズが可能で、解析後にSYNC上で直接欠陥を確認し、複数のパラメータや目的を比較して製品設計の最適化を実現することができます。

基準点システム

流動解析から、型開き後の製品の変形データをすばやく取得し、それが許容範囲内にあるかどうかを判定することができます。これまでこうしたデータは同じ座標基準で比較するために、現場の測定治具の配置をもとに座標変換する必要がありました。

現在、Moldex3D Studio では基準点システム(Reference Point System)をサポートし、実際の治具や測定機器の位置に合わせてStudioで測定座標をすばやくカスタマイズすることができ、開発サイドや品質保証部門は、エンジニアリングや試作段階で完成品のサイズ測定データをより直感的にシミュレーション結果と比較することができ、座標変換を手動で行う必要がありません。

Moldex3D iSLM

スマートモールディング・データ・マネジメント・プラットフォーム

iSLMは「金型設計」と「プラスチック成形」のためのデータ・マネジメント・プラットフォームです。製品開発プロセスの記録、各CAEシミュレーションプロジェクトの保存、主要パラメータを取得して検索、比較を行うことができます。ビッグデータデータベースの構築により、企業は作業の割り当てやプロジェクトスケジュールを把握し、品質指標を定め、製品品質をすばやく判断することができます。

iSLMに画像検索機能が新たに追加され、3D CADファイルをアップロードするだけで、データベースの数百件のデータから類似のジオメトリファイルを検索することができ、人手による閲覧、比較にかかる時間を短縮し、ナレッジマネジメントの目標を実現することができます。

このほか、科学的試作機能も強化され、射出圧力、製品重量といった試作現場のデータを入力し、Moldex3Dソフトウェアのシミュレーション結果と組み合わせることで、企業はスマートマニュファクチャリングの新たな分野に参入することができます。

Smart Manufacturing

流動解析と機械生産の双方向統合

最適な結果パラメータを正確に機械にインポートする、あるいは機械特性を流動解析ソフトウェアに代入するなど、当社では一貫して流動解析と実際の射出を効果的に結び付けることを目標としてきました。

Moldex3D 2023ではFANUCと住友の射出成形機を統合しています。ユーザーは射出成形機の成形条件と応答曲線をMoldex3Dにインポートすることができ、これによって流動解析ソフトウェアはより正確な機械データを使用した流動解析が可能となり、最適化された射出パラメータを機械にフィードバックすることで、試作時間を大幅に短縮することができます。サイバーフィジカルシステムを実現し、企業のスマートマニュファクチャリングの新たな分野への参入を支援します。

A New Way to Molding Simulation

iMFLUXプロセス技術

Moldex3Dは時代の変化に合わせ、iMFLUXプロセスシミュレーションを新たに追加しました。iMFLUX独自の低定圧射出は、より短いサイクルでより変形の少ない製品を作ることができます。Moldex3D 2023によって、ユーザーはプロセス実行前にメリットを評価できるようになりました。導入により、シミュレーション結果から最適なモールディングウィンドウ(最適射出圧力など)を特定して過度に高い無効な射出圧力を避けることもできます。また、メルト挙動を予測して金型内のセンサー位置を最適化することで、その後のPFA(Process Factor A)制御パラメータ設定のシミュレーションを支援し、最適な射出圧力降下を実現することができます。

More Efficient Mesh Process

メッシュ簡素化機能

「Simplify」ツールはモデルの特性を保持したまま、メッシュ数を削減し、大きな変形の解析時に簡素化されたモデルを使用することで、計算時間を大幅に短縮し、無駄な待ち時間をなくすことができます。

強化された機能

MCM光学シミュレーションの追加、複合材料のレイアップシミュレーションの最適化、幅広いCAD、CAEファイル形式のサポートにより、多岐にわたる複雑な課題を解決します。

New Workflow and Supported Formats

より包括的な光学解析シミュレーション

光学部品は精密射出成形技術を要するものであり、屈折率、形状制御、光学イメージングといった重要な要素を考慮する必要があります。ですが、厚みのある光学部品では、ほとんどの場合、ダブルショットが採用されており、正確な成形の確率向上に加え、生産サイクルも短縮することができます。

Moldex3D 2023ではダブルショット光学シミュレーションをサポートし、1ショット目の残留応力と熱残留応力を正確に計算し、2ショット目をデータに基づいて正確に成形するため、最適化や設計変更をより簡単に行うことができます。結果についても、IsochromaticsとIsoclinicsモードを組み合わせて出力し、シミュレーション結果を直感的に判断することができます。

複合材料レイアップの最適化

複合材料プロセスでは、Moldex3DはRTM、SMCでより正確な流動解析結果を提供し、軽量化や機能性要件の実現に役立ちます

増加する連続繊維レイアップのアプリケーションに対し、Moldex3D 2023はLS-DYNAやAbaqusのファイル形式をサポートし、複合材料のレイアップ計算を支援することで、シミュレーション結果をより正確にし、元の複雑な解析プロセスを簡素化しています。

結果レポートのカスタマイズと視覚化

製品が合格しているかどうかを判断するには同じ品質管理基準を満たしている必要があり、異なる人によって作成される結果レポートをどのようにして同じ品質管理条件と可読性に従わせ、時間とコストを削減するかは、すべての企業が追求する目標です。

現在、Moldex3D 2023ではシミュレーション項目をカスタマイズしてレポートを作成し、同じ視点と条件ですべてのシミュレーション結果を比較して、最適な成形条件を明確に特定することができるようになりました。

また、射出プロセスにおける物理量をより直感的に取得できるようになり、ユーザーは時間軸を調整して各時点でのキャビティ内のメルトフロントや温度圧力の変化を知ることができます。

自由化

より包括的なAPI機能により独自の流動解析手順を構築し、Moldex3D Cloud ServiceでQHR、MRC、MHCを使用することで、より効率的なワークフローを展開することができます。

Moldex3D API

幅広いAPIサポート機能

CAEソフトウェアの操作とシミュレーション結果の判定には、一定の技術的なしきい値と人材の投入が必要となります。技術的人材が限られている場合、いかにして自動化を導入し、時間コストを削減し、解析フローを効率化するかがより重要となります。

最新の Moldex3D APIでは、繰り返し行われる操作を反復可能プログラムに書き込むことができます。ユーザーは解析フローをカスタマイズし、パラメータを調整して、最適な自動化ワークフローを作成することができます。

設計を最適化する場合、成形パラメータを調整するにしても、材料のみを変更するにしても、従来の解析フローでは演算を開始するのに、プリ・ポストプロセスとステップバイステップのソフトウェア設定を繰り返し行う必要がありました。

Moldex3D APIを使用することで、繰り返しの多いプロセスや成形パラメータの設定を自動化し、テキストファイルのユーザー定義パラメータから繰り返しの多いプロセスを簡素化することができます。例えば、メッシュ形状(メッシュサイズ、BLMレイヤー数)、材料、成形条件をAPIで自動化することで、パラメータ設定時間を短縮し、効率化を図ることができます。同時に、企業はAPIで標準化プロセスを設計することにで、人的ミスを減らし、時間コストを削減することも可能となります。

Moldiverse

MHC材料クラウド

ISO 17025認証を取得したMoldex3D材料測定センターが長年にわたって蓄積してきた測定データと材料メーカーから提供された物性データを基に、一連のフィルタと管理ツールを提供し、企業の製品に適した材料のスマートな選択と企業の共通材料リストへの保存を支援します。倉庫内の共通材料リストのデジタル化により、協力部門や協力メーカーの材料データとの同期を確立し、ファイル伝送の時間と回数を削減します。

また、企業は自社で測定したデータを入力して正確な材料ファイルを作成し、Moldex3Dと同期させてシミュレーションを行い、流動解析の精度を向上させることもできます。

iMolding Hub

Moldex3Dの業界をリードする「機械特性解析」がクラウドに登場しました。旧来のApp*と実験レポートの長い待ち時間から脱却し、Moldex3D iMolding Hubでは直感的な機械パラメータ入力と安定したデータ伝送を提供しています。データを伝送して実験が完了すると、プラットフォームからレポートと機械特性ファイルをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、パソコンで操作することができます。

また、SMC上に自社専用の機械データベースを作成することができ、デジタル化されたデータのすばやい検索、比較により、工場内の機械に関する最新情報をいち早く理解することができます。

Moldex3D University

Moldex3Dは樹脂射出成形専用のデジタルラーニングプラットフォームを構築しました。Moldex3D Plastics e-Learning、厳選された過去のウェビナー、2023年に追加されたMoldex3D Software Trainingが含まれ、いつでも、どこでも、どんなデバイスでも学習が可能です。学習の進捗状況をいつでも確認することができ、総合的な実践能力を強化し、あなた自身の、ひいては会社の競争力を高めることができます。

今すぐMoldex3D 2023を体験してみる

お探しのソリューションはMoldex3D 2023にあります。お問い合わせフォームにご記入頂けますと、What’s Newの各種ダウンロードやMoldex3D 2023を体験していただけます。

    お問い合わせ内容 *

    お名前(名) *

    お名前(姓) *

    会社名 *

    お役職 *

    Email *

    所属先 TEL *

    都道府県 *

    地域 *

    Current Customer *

    I’d like to know more about

    General Injection MoldingMaterial CharacterizationDigital TwiniSLMSpecial Injection MoldingIC PackagingAdvanced Molding Process and CompositesAll of the above

    メッセージ

    Copyright © 2023 Moldex3D. All rights reserved. | Privacy Policy