on 12/22/2015

moldex3d-r14-landing-page-banner_jp

お勧めサイト

Brochure リリースノート

Brochure What’s New

Brochure プレスリリース

 

Brochure カタログダウンロード

icon-s オンライン ヘルプセンター

icon-s 事例集

 contact-us_jp
 

高品質BLM(Boundary Layer Meshes:境界層メッシュ)を数分以内に生成可能に

新Moldex3Dは、BLMのメッシュ生成工程を最大1/5に短縮可能。品質を犠牲にすることなく高精度な解析結果を短時間で得られます。

 
r14-01  

新Designer BLMは、メッシュ生成工程を1/5に短縮。

新しいMoldex3DのBLM(Boundary Layer Meshes:境界層メッシュ)生成プログラム(Designer BLM)は、少ない要素数で精度を落とすことなく、高速な解析を可能にしました。
対話式ジオメトリー・ヒーリングツール“Moldex3D CADdoctor”と“Moldex3D Designer BLM”を組み合わせることで、インテリジェントで完璧なCAEプリプロセッシングワークフローをご提供します。これにより、一段レベルの高い効率と成果が得られます。

 
 

もうメッシュ修正に時間を浪費させません。

r14-02自動リペア機能は、Designer BLMの機能向上項目の一つです。この機能を活用することで、メッシュ生成工程の手作業による「努力」とその「時間」を著しく削減することが可能です。 一般的に知られるフリーエッジやTコネクトエッジ、そしてオーバーラップなどを自動的に除去・修正し、メッシュ生成工程を簡素化し時間削減につながります。
Moldex3D Designer BLMに関する詳細はこちら。

 

 


高まる軽量複合材料製品の需要に適合

Moldex3Dは、工業界の「軽量高強度」複合材製品の設計者の方にお役に立てるよう努力を続けています。Moldex3Dは、今回の最新バージョンのリリースにて、より高品質な軽量製品設計の為の革新的な機能拡張を行いました。

 
r14-03  

繊維配向予測の機能拡張について

今回は、繊維配向解析のコア部分の解析精度向上に機能拡張を行っています。 繊維配向の予測精度が向上することで、異方性収縮および反りの予測精度向上に役立ちます。
Moldex3D繊維強化樹脂ソリューションに関する詳細は、こちら。

   
r14-04  

強化プラスチック部品の強度評価機能を追加

Moldex3D Digimat-RP機能は、強化プラスチック部品を製造するに際の射出成形と非線形有限要素解析のギャップを埋め、最も能率の良いシミュレーションワークフローをご提供します。 この新技術は、CoreTech System社とe-Xstream Engineering社が共同で開発したもので、CAEと構造解析の両エンジニアが強化樹脂部品を設計する際の信頼性を高められ、その解析結果は、現実世界で適用できるほど高精度です。
Moldex3D繊維強化樹脂ソリューションに関する詳細は、こちら。

   

RTM(Resin Transfer Molding)解析

Resin Transfer Molding (RTM)は、強度重量比の高い複雑な繊維強化複合材部品を製造方法として一般的な方法です。 Moldex3D R14.0 では、金型内の樹脂の流動挙動を正確にシミュレートするために、完全に幾何学的情報を捉えるができるTrue 3D(真の3次元)技術を採用しており、樹脂の流動パターンやベント位置の設計およびプロセスパラメータのすばやい評価と最適化が可能です。
Moldex3D Resin Transfer Moldingに関する詳細は、こちら。

r14-05a
 

 


シミュレーションに新しいレベルの信頼性と汎用性をご提供

Moldex3DのR14.0は、シミュレーションのスピード、柔軟性、そして信頼性を向上させる様々な画期的なソルバー機能強化をご提供します。
そのハイライトは、

 
r14-06  

機能追加

  • 異なるタイプの境界層メッシュをサポート
  • 低品質メッシュ要素に適応
  • 射出圧縮(ICM)、発泡樹脂成形(MCIM)への拡張
  • ノンマッチングメッシュのサポート
   
 r14-07  

信頼性向上

   
 
r14-08
 

ホット・ランナー スティーディ(HRS)解析

従来の充填解析とは異なるMoldex3D HRS解析を活用することで、充填バランス不良の問題を高精度に予測し、時間の無いなかでも適切なホット・ランナーのデザインが行えます。 また、HRS解析は、著しい解析時間の短縮がはかられており、設計工程、開発工程の短縮が可能です。
Moldex3D ホット・ランナー スティーディ(HRS)解析に関する詳細はこちら

r14-08a

   
 r14-09  

反り解析機能の性能拡張

新しい反り解析ソルバーでは、冷却工程での圧力緩和の考慮が可能になりました。 これにより反り傾向だけでなく収縮速度の解析結果もより精度が向上しています。 さらに、材料の粘弾性特性を取り込み反りの予測精度を向上させることも可能です。

 

 


効率アップしたユーザーインタフェース

Moldex3D オンラインヘルプは、いつでも、どこでもMoldex3Dを学んでいただけます。

 
r14-10  

Moldex3D オンラインヘルプ

Moldex3D初心者、熟練者に限らず、どなたでもMoldex3D製品の資料や、基本コンセプト、クイックスタートガイド、そしてステップ・バイ・ステップのチュートリアルなどをオンラインでもオフラインでも活用いただけます。 Moldex3Dオンラインヘルプは、コンテンツをすばやく検索でき、解析の成功にお役立ていただけます。 是非、オンラインヘルプセンターを活用いただき、あなたの解析スキルのアップにお役立てください。

 


お問い合わせ

Moldex3Dへのお問い合わせは、下記フォームにて承ります。

お問い合わせ

    下記のご記入をお願いします。 (*印は、必須項目です)

    お問い合わせ内容 *
    お名前(名) *
    お名前(姓) *
    会社名 *
    お役職 *
    Email *
    所属先 TEL *
    都道府県 *
    国名 *
    ユーザー様ですか *
    より詳細に知りたい情報を教えて下さい
    一般的な射出成形iSLMStudioStudioでの最適化機能高度な機能上記全て
    メッセージ
     

    Test drive Moldex3D

    Join the thousands of companies using Moldex3D

    Talk to Sales

    Schedule a product demo with our sales team