コアテックシステム社の張栄語CEOが全米プラスチック技術者協会よりフェローの称号を授与される

on 05/04/2016

RY台湾、新竹-2016年5月4日–世界の樹脂流動解析ソリューションをリードするコアテックシステム社 (Moldex3D) の代表取締役兼CEOである張栄語博士が近日全米プラスチック技術者協会 (Society of Plastics Engineers, SPE) よりフェローの称号を授与されることとなりました。SPEフェローの目的はプラスチック工学、科学、技術や企業経営において卓越した貢献を行った者を讃えることにあり、国際的に非常に栄誉あるものです。

 

 

 

SPEフェローの候補者はSPE分会もしくは専門のグループによる推薦を受ける必要があり、最終的にSPEフェロー選考委員会が専門分野での成果と2名以上のSPE会員の推薦書を基に選出を行います。1984年の創立から現在(2016年)に至るまで319名のみが栄誉あるフェローの称号を授与されています。

 

関連分野における数多くの素晴らしい成果が、張栄語博士にこの称号をもたらしました。新竹国立清華大学化学工学科において30年以上に渡って教鞭をとり、その間ポリマー加工とレオロジーの分野における教育と研究に力を尽くしました。1995年、張博士と創業パートナーがコアテックシステム社 (Moldex3D) を設立し、CAEテクノロジーの学術研究の成果を商業化することに成功しました。現在、全世界の各産業分野におけるMoldex3Dソフトウェアユーザーはすでに2500を超え、プラスチック製品の設計、製造上で起こる数多くの困難な事例の解決に役立っています。

 

「SPEに認めていただけたことを非常に光栄に思っています。今日の成果はすべてチームの努力とサポートによるものです」。張栄語博士は20年来を共にしてきたチームに感謝の意を表し、このように述べています。「私たちの一貫した最重要課題は、プラスチック製品の設計、製造において実質的な工業的価値の提供と強固な科学的理論による裏付けを提供するために、プラスチック工学の分野での研究開発に全力を注ぎ、より強力で時代の流れに合わせたCAEテクノロジーの開発を進めていくことです」。

 

張栄語博士は今年5月アメリカ・インディアナポリスで開催される第74回SPE年次技術カンファレンス (ANTEC 2016) に出席し、5月22日のこのカンファレンスの祝賀パーティーにおいて栄誉あるフェローの称号を授与されることとなっています。

 

2016 SPEフェローについての詳細情報は、こちらをご覧ください。https://goo.gl/kRZGXc

 

SPEについて
全米プラスチック技術者協会 (Society of Plastics Engineers, SPE) はプラスチック工学界において最大かつ最も良く知られている国際的学会であり、70年以上に渡って20,000名近いプラスチック分野専門の研究者を輩出しています。彼らのキャリアの発展のために、プラスチックに関する技術ライブラリ、トレーニング、人脈のネットワーク、知識の交換など豊富なリソースを提供しています。

 

CoreTech System(Moldex3D)について
CoreTech System Co., Ltd. (Moldex3D)社は1995年より、樹脂射出成形業界向け専用にCAE解析ソリューション「Moldex」シリーズをご提供してきました。現在の「Moldex3D」は、世界中で幅広く活用されています。業界の要望に応える高度な技術とソリューションの提供をミッションとしたCoreTech System社は、迅速かつプロフェッショナルな現地サービスを提供するべく、販売とサービスネットワークを拡大してきました。CoreTech Systemは、ユーザーの製品設計開発や設計最適化、納期短縮の実現、そして投資利益率(ROI)向上の一助となっています。
Moldex3Dの詳細はホームページをご覧ください: www.moldex3d.com.

 

 


Test drive Moldex3D

Join the thousands of companies using Moldex3D

Talk to Sales

Schedule a product demo with our sales team